岩手はコロナ感染者がなぜ出ない?疎開で病床は大丈夫なの?

岩手はコロナ感染者がなぜ出ない?疎開で病床は大丈夫なの?
スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

今回は、全国で広がっているコロナウイルスの感染者がなぜ岩手で出ないのか、東京などからの「コロナ疎開」で岩手の病床は大丈夫なのかについて紹介していきます。

全国で猛威を振るっている「コロナウイルス」。

4月10日に、46都道府県で感染者が確認され、残る未確認の自治体は岩手県のみとなりました。

そこで、なぜ岩手県では確認されないのか調べてみました。

また、東京などの緊急事態宣言が出された地域からのいわゆる「コロナ疎開」の影響についても紹介します。

それでは、コロナウイルスの感染者がなぜ岩手で出ないのか、東京などからの「コロナ疎開」で岩手の病床は大丈夫なのかについてお届けします。

是非最後までご覧下さい。

シャープのマスクも欲しいけど、少し高くても確実に購入したいなぁ

そういう方もいるんじゃないでしょうか?

シャープのマスクは抽選販売となったので、確実に買えるというものではありません。

ですが、以下の通販サイトなどではシャープのマスクよりも値段が高くなるものもありますが、確実に購入できるというマスクもあります。

収入が減って、マスクの購入が大きな痛手になるかもしれませんが、ぜひ一度サイトをのぞいてみてください。

【マスクはすぐに売り切れてしまいます!!】

 

スポンサーリンク

岩手はコロナ感染者がなぜ出ない?

全国で感染者が拡大している「コロナウイルス」。

4月9日・10日と最後に残っていた3県のうち、島根県と鳥取県で感染者が確認されて、残る未確認の地域は岩手県のみとなってしまいました。

そこで、岩手県でなぜ感染者が出ないのか調べてみました。

ネット上のある記事では、「岩手独自の対策があるのか?」と疑問に思って、岩手県に取材したそうですが、、、

帰ってきた答えは、「もしあれば、こちらが教えてほしい」とありました。

どうやら岩手県民の皆さんも、他の都道府県民の皆さんと同じく、手洗いうがいといった基本の対策を呼びかけているようです。

そこで、思い当たるのが次の2つの点です。

  • 人口が少ないこと。
  • 県の面積が大きいこと。

まず人口ですが、、、

岩手県の人口は約122万人で、全国で30番台と人口が少ない県です。

もちろん人が少なければ、接触する人数が減って感染のリスクは下がりますね!

次に県の面積ですが、岩手県の面積は約15,000㎢で全国で2番目の広さです。

人口密度も80.1人/㎢で、こちらも全国で2番目になります。

ちなみにツイッターにもありますが、岩手県の県庁所在地盛岡市の人口は約29万人で、これは東京都の豊島区とほぼ同じ人口になります。

しかし面積を見ると、盛岡市は886㎢に対して豊島区は13㎢と大きく開きがあります。

人口密度でも、豊島区は23,150人/㎢に対して盛岡市は330人/㎢とこちらも大きく開いています。

つまり、岩手県では感染者が増えている東京などのように人が密集することがなく生活していることになります。

岩手県では盛岡市の人口が一番多いため、他の市町村はもっと少なくなります。

また盛岡市よりも面積が大きく、人口密度が低い市町村もあります。

このことから、人口の少なさと県の面積の大きさが、少なからず影響していると思われますね!

 

感染者が出ていないのは本当?

感染者が確認されていないことは良いことなんですが、、、、、

一部では、「検査してないだけなんじゃ?」などといった声も聞かれます。

確かに岩手県のPCR検査数は、全国で最も少なくなっています。

実態については専門家ではないので分かりませんが、濃厚接触者などにはしっかり検査をしていて、陰性が確認されています。

もちろん闇雲に検査をすれば良いというわけではありませんので、疑われる人にしっかりと検査をしてこの検査数になっている思います。

検査数に関しては、岩手県に検査をする機関が少なく1日の検査数の上限が少ないというのも関係しているかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

疎開で病床は大丈夫なの?

感染者が確認されていない岩手県ですが、1つ心配なことがあります。

それは、”首都圏からの帰省や来県”です。

普通ならば、帰省で久しぶりに再会したり、来県で観光業などに良い影響があるのですが、今回は心配されています。

ネット上で「コロナ疎開」という言葉まで飛び交っているように、コロナ感染者が確認された地域から、多くの方が訪れて岩手県で広まってしまうのでないかと言われています。

実際に盛岡市のバスターミナルには、首都圏からのバスから多くの方が降りてきています。

岩手県には、感染症の病床があまりありません。

そのため岩手県で感染が急速に広がってしまうと、重病の患者が入院できなくなったりする医療崩壊が起きやすくなってしまいます。

岩手県の達増拓也知事も、緊急事態宣言の対象地域からの来県を自粛するように呼びかけており、どうしても来県した場合は2週間の不要不急の外出自粛を要請しています。

緊急事態宣言の対象となっている7都府県の皆さんなどは、感染を広げないためにも自粛をお願いします!

 

岩手県民の反応は?

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、全国で広がっているコロナウイルスの感染者がなぜ岩手で出ないのか、東京などからの「コロナ疎開」で岩手の病床は大丈夫なのかについて紹介してきましたがいかがでしたか?

やっぱり、「密閉・密集・密接」の三密を避けることは大事なのかもしれませんね。

岩手県民の皆さんも心配していますが、「感染者が出ていないから安心!!」などと言って、岩手県に行くのは絶対にやめて下さいね!

では、コロナウイルスの感染者がなぜ岩手で出ないのか、東京などからの「コロナ疎開」で岩手の病床は大丈夫なのかについてお届けしました。

最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク