キングダム映画のネタバレは?エンディングは漫画のどこまで?

キングダム映画のネタバレは?エンディングは漫画のどこまで?
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

今回は、映画キングダムのネタバレとエンディングは漫画のどこまでなのかを紹介していきます。

大人気漫画を実写映画化した「キングダム」。

そのキングダムのネタバレを知りたい方に紹介します。

まだ観ていない方や知りたくない方はご注意ください。

それでは、映画キングダムのネタバレとエンディングは漫画のどこまでなのかをお届けします。

是非最後までご覧ください。

>>映画キングダムをお得に視聴するには?

 

スポンサーリンク

映画『キングダム』のネタバレは?

紀元前245年、春秋戦国時代、中華・西方の国「秦」。

戦災孤児の少年の信と漂は、いつか天下の大将軍になることを夢見て日々剣術の鍛錬を積んでいました。

ある日、漂は王都の大臣である昌文君によって召し上げられ王宮に行くことになります。

数日後のある晩、外から聞こえる不審な物音で信が目を覚ますと、そこには王宮に行ったはずの漂の姿がありました。

深い傷を負い血だらけの漂は、信に「ここに行け」とある地図を渡し、絶命してしまいます。

信が地図が示す場所に着くと、そこには死んだはずの漂にそっくりな少年がいました。

彼の名は秦国の王、嬴政。

信は嬴政から、「自分は弟の成蟜に狙われていて、漂は影武者として王宮に連れて行かれ殺された」と知ります。

信は嬴政に怒りをぶつけますが、そこに嬴政を狙う刺客朱凶が現れます。

朱凶を倒した信は、フクロウのかぶり物をした河了貂に連れられ、嬴政とともに反乱軍が逃れます。

嬴政についていくことになった信は、河了貂と共に、昌文君との合流地点の400年前に建てられた王家の楼閣に行きます。

信はそこで、嬴政の母親が平民のため、王族の母親をもつ成蟜に疎まれていたこと、父王の死後、13歳で即位するも権力を奪い合う大臣たちの争いの中でどうすることもできなかったことを聞かされます。

そして、昌文君の部下の壁からは、逃げる途中王騎軍に追いつかれ皆があきらめかけたとき、漂はまるで本物の王のように皆を鼓舞し、自らおとりとなったことを聞きます。

不利な立場にあった嬴政たちは、以前王家と友好関係にあった山の民に協力を求めるため会いに行くことなります。

しかし、王家は山の民を迫害し虐殺した過去があり、なかなか受け入れてくれません。

さらに、山の王の前で過ちを謝罪する嬴政に対し、長老たちは首をはねろと言ってきます。

しかし、声を張り上げ訴える信の言葉に山の王楊端和は仮面をとり、協力を約束してくれました。

嬴政たちは楊端和たちと共に、王都奪還のために咸陽に向かいます。

咸陽につくと嬴政たちは山の民に変装し、成蟜と和睦するふりをした楊端和たちと一緒に王宮に入り込みます。

抜け道を使い、王宮内部に入り込んだ信の前に立ちはだかったのは、元将軍の左慈でした。

左慈との実力差は大きく苦戦を強いられますが、気力を振り絞り左慈を討ち果たします。

一方、正面から王宮内部を目指していた嬴政たちも苦戦を強いられていました。

そこに突然王騎が軍を連れて現れ、嬴政に目指す王のあり方を尋ねます。

嬴政の「中華統一の王だ」の答えに、満足したような笑みを浮かべる王騎はその大きな宝刀で、魏興たちをなぎ払います。

王騎が去ったあと、成蟜が姿を現します。

嬴政を殺せと命令する成蟜ですが、従うものは誰もいません。

嬴政は、成蟜を殺さず殴り倒します。

見事王都を奪還した信たちは夢に向かって決意を新たにします。

 

スポンサーリンク

映画『キングダム』のエンディングは漫画のどこまで?

ネタバレでも紹介しましたが、映画では王都を奪還したところでエンディングを迎えます。

漫画でいうと、1巻~5巻の王弟反乱編ですね。

2020年3月時点で、57巻が発売されているキングダムですが、映画では物語の序盤しか描かれていなかったんですね。

人気キャラクターの羌瘣や李牧などの登場もまだですね。

今後の物語は、続編の制作が決まっているようなのでそちらで描かれる思います。

楽しみに待ちましょう♪

>>映画キングダム続編の公開はいつ?

 

ツイッターの反応は?

描かれた内容は序盤でしたが、観た方は満足した方が多かったようです。

また、原作を知らない方でも楽しめる作品のようなので、是非一度観てみてください。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、映画キングダムのネタバレとエンディングは漫画のどこまでなのかを紹介してきましたがいかがでしたか?

続編今後の情報が楽しみですね。

では、映画キングダムのネタバレとエンディングは漫画のどこまでなのかをお届けしました。

最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク