東京オリンピック2020チケット追加抽選にサッカー・野球はない?倍率・日程も調べてみた

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

東京オリンピックまで1年を切りました!今回のオリンピックは日本での開催とあってワクワクが止まりませんよね!

5月に行われた1次抽選ではものすごい倍率で残念ながら落選したという方もたくさんいると思います。

そんな落選された方に朗報です!なんと、1次抽選で1枚も当選できなかった方を対象にした追加抽選が決まりました!

抽選の対象競技が決まっていたり、申込セッションに制限があるのが少し残念です。

ですが、メダルが決まる試合のセッションも対象になっている競技がありますよ!

追加抽選の対象競技・日程・倍率を調べてみました!

今回も応募される方は、是非最後までご覧ください!

 

スポンサーリンク

東京オリンピック2020チケット追加抽選販売とは?


1次抽選で応募したものの残念ながら1枚も当選されなかった方を対象に抽選販売を行います。

あくまで追加抽選であって2次抽選ではないので対象競技や申込セッション数に上限があります。

ですが、2次抽選ではすべての競技・セッションが対象なので安心して2次抽選に挑戦しましょう!

ポイント
  • 対象は1次抽選で1枚も当選させなかった方のみ
  • 対象競技・申込セッション数に制約がある

 

スポンサーリンク

東京オリンピック2020チケット追加抽選販売の対象競技にサッカー・野球はない?

対象競技は

  • 水泳(飛込・水球)
  • 陸上競技(マラソン含む)
  • 野球
  • ソフトボール
  • バスケットボール
  • カヌー(スプリント)
  • 自転車競技(マウンテンバイク・ロード)
  • 馬術(馬場馬術)
  • フェンシング
  • サッカー
  • ゴルフ
  • 体操(体操競技)
  • ハンドボール
  • ホッケー
  • 近代五種
  • ボート
  • ラグビー
  • テコンドー
  • バレーボール(ビーチバレーボール含む)
  • ウエイトリフティング
  • レスリング

となっています。

このうち、飛込・陸上競技・マラソン・野球・ソフトボール・カヌー・自転車競技・馬術・フェンシング・サッカー・ホッケー・近代五種・ラグビー・セコンド-・ビーチバレーボール・ウエイトリフティングは、決勝等のメダルが決まるセッションが用意されています!

日本の選手がメダルを獲得するところを是非近くで見たいですね!

 

人気のサッカー・野球はある?

今回の追加抽選販売では、サッカー・野球も対象競技の含まれています!

また、女子サッカーと野球は銅メダルが決まるセッションが販売されています!

日本チームの試合が行われると決まっているわけでは無いですが、ほかの試合も見たい方にはオススメしますよ!

 

スポンサーリンク

東京オリンピック2020チケット追加抽選販売のサッカー・野球の申込方法は?

今回の追加抽選販売は、前回の抽選で応募された方が対象になっています。

なので、申込方法はもう分かっていると思いますが今回の追加抽選販売でスムーズに申込できるように、もう一度申込方法を確認しておきましょう!

  1. 日程、競技・種目、エリア・会場の3つの方法で探します。
  2. 上記の絞り込み方法から目的のセッションを選択します。セッションには、競技・会場、日時、内容が記載されています。
  3. チケットの種類を選択します。一般チケットと車いすユーザーチケット・同伴者チケットがあります。
  4. カートに入れた後申込を完了させます。申込完了の確認をマイチケット上から必ず行ってください。

 

チケットの種類

チケットの種類には大きく分けて一般チケットと車いすユーザーチケット(同伴者チケット)の2種類あります。

一般チケットには、A席~E席まで最大5種類の席種から選択できます。

競技によって、席種の数や席の配置が違うので申し込む前に確認しておきましょう!

車いすユーザーチケット(同伴者チケット)は、車いすを使用される方が申し込めるチケットです。

会場には、車いす席エリアがあるのでそのエリアでの観戦になります。

また、車いすユーザーチケットを申し込んだ方のみ同伴者チケットが選択・申込できます。

 

カスケードサービスとは?

今回の追加抽選販売は、前回の抽選と同じくカスケードサービスが用意されています。

カスケードサービスとは、希望の席種が落選してしまっても一つ下の席種のチケットが販売定数に達していない場合に抽選対象にすることができるサービスです!

例えば、希望の席種がB席だった場合にB席が落選してしまっても一つ下のC席が販売定数に達していないときにカスケードサービスを登録しておくと、C席も抽選対象になり当選できるというものです。

注意することは、最下位席種と車いすユーザーチケットを選択した場合は、カスケードサービスを利用できません!

 

第2希望選択サービスとは?

追加抽選販売は、1つのセッションしか申し込むことができません。

なので、第2希望選択をしておくと第1希望が落選してしまっても次に観たいセッションのチケットが入手できるかもしれません。

第1希望と第2希望で同じセッションを申し込むことはできないので注意してくださいね!

当選するのは、第1希望・第2希望のどちらかです。また、どちらも落選することもあるので覚えておきましょう!

 

セッション毎の上限枚数

追加抽選販売では、1セッションあたりの申込上限枚数が決められています。

決勝等のメダルセッションは、4枚まで申し込むことができます。

予選等のその他のセッションでは、6枚まで申し込むことができます。

この上限枚数内で一般チケットと車いすユーザーチケットと同伴者チケットを組み合わせて購入することが可能です。

 

注意するポイント

東京オリンピック2020チケット追加抽選にサッカー・野球はある?倍率・日程も調べてみた

https://dime.jp/genre/709648/

今回の抽選では、ルールに該当すると自動的に落選となってしまうことがありますので応募される方はしっかりと確認しておきましょう!

ルールに該当する方は次の通りです。

  • 1次抽選販売に申し込みされていない方
  • 1次抽選販売で当選された方(購入手続きをしなかった方を含む)
  • 今回の追加抽選販売において2セッション以上の申し込みをされた方

自分がこのルールに該当しないか応募前に確認しましょう!

 

スポンサーリンク

東京オリンピック2020チケット追加抽選販売のサッカー・野球のスケジュールは?

追加抽選のスケジュールについて公式サイトで確認すると

  • 抽選申込期間:2019年8月8日(木)未明~2019年8月19日(月)11:59
  • 抽選結果発表:2019年9月11日(水)
  • 購入手続期間:2019年9月11日(水)~2019年9月24日(火)23:59

とのことになっています。

もちろん前回と同じ抽選なので早く申し込まないと売り切れてしまうということはありません!

落ち着いて申し込んでくださいね。

締切直前はサイトが混み合うことが予想されます。

前回と同じく、混み合っているときはウェイティングルームの画面が表示されます。

順番が来るまで、このままページを閉じずにお待ちください。

 

東京オリンピック2020チケット抽選販売のサッカー・野球の倍率は?

まずは5月の1次抽選について見てみましょう!

大会組織委員会の発表によると1次抽選の申込総数は約512万人で当選者は約96万人で倍率は約5.3倍だったそうです。

次は追加抽選販売について見てみましょう!

今回の抽選の対象者は約416万人で仮に全員が応募すると倍率は約6.1倍になるそうです。前回よりも倍率が高くなってより当選が難しくなりそうですね。

 

まとめ

東京オリンピック2020チケット追加抽選について紹介しましたがいかがでしたか?

  • 1次抽選で1枚も当選できなかった方
  • 対象競技や申込セッション数に制約がある
  • 該当すると自動的に落選するルールがある

上記の点は大切なポイントなので改めて書きました!

今回のオリンピックを逃すと後はいつ日本でオリンピックが開催されるか分かりません!是非会場で見られる時に見ておきましょう!

スポンサーリンク